エヌエスアイテクス、DFP最初の製品「DR1000C」を発売

株式会社デンソーのグループ会社で高性能半導体IPの開発・販売をおこなう株式会社エヌエスアイテクス(本社:東京都品川区、社長:新見 幸秀)は、DFP(Data Flow Processor)最初の製品として「DR1000C」の開発を完了し、本日より発売します。 また、2020年1月15日(水)~17日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第12回 オートモーティブ ワールド - カーエレクトロニクス技術展」に出展(小間番号A-435 株式会社オーバス ブース内)し、「DR1000C」をご紹介します。 エヌエスアイテクスは、2017年9月の会社設立以降、自動運転から車両制御まで次世代自動車の電子システムにおけるキー技術となる半導体IPの開発を進めてきました。 この度発売する「DR1000C」は、RISC-V*1ベースのプロセッサとして世界初となる自動車向け機能安全規格ISO 26...
Read More